両眼競合:客観的幻視テスト?

両眼対抗と知覚プライミングは、心的イメージの強さを評価し、幻視を識別するための多くの可能な客観的尺度の一つにすぎない。
シェア

目次

失語症は客観的に測定できるのか?

思考や過去の記憶、未来のイメージを視覚化することは、私たちの日常生活のいたるところにある。 それでも、視覚化体験は一部の人々にはまったく知られていない。 そうでなければ健康な人でも、視覚的イメージの経験が完全に欠落していることがあり、この状態は現在、幻視症と呼ばれている。

幻視症かどうかを判断するために、多くの研究者は、視覚イメージの強さをテストするために、さまざまなシナリオの鮮明さを評価するように求める視覚イメージの鮮明さクイズ(VVIQ)を使用して最初の評価を行います。 VVIQは、視覚的想像力の個人差を測定するための実証済みの心理測定法であり、幻視を識別するための信頼性の高い自己評価と考えられている。

しかし、つい最近まで、人が視覚的に想像できないのか、それとも頭の中にイメージはあるが、それが見えないだけなのか、科学者には不明だった。 この疑問を客観的に解決するため、ジョエル・ピアソン博士率いるUNSWの研究チームは、両眼ライバル視(BR)と知覚プライミングと呼ばれる手法を用いて研究を行った。

双眼鏡のライバル関係とその仕組み

視力が低下したら、視力検査を受けるのは当然だろう。 心の目の中にある心象が霞んでいるのではないかと疑うときは、そう簡単ではない。 客観的な測定がなければ、実際に何が起こっているのかを確かめることは難しい。

診断に必要な精度で、他人の心の中で起こっていることを医者が見ることができるだろうか? 幻視に関して言えば、科学者たちは、人が心の目で人や物や設定を視覚化できるかどうかをテストする一つの方法を実際に発見した。 知覚プライミングと呼ばれるこの技術は、両眼対抗として知られる現象を利用する。

光が目に入ると、周囲の世界で何が起きているかという情報が脳に送られる。 脳は両目から視覚データを収集し、その情報を重ね合わせることで、私たちに1つの世界像を見せる。 しかし、両目がまったく異なる感覚情報を受け取ると、脳は混乱してしまう。 この時点では、両目からの映像が重なるのではなく、一方の映像だけが他方の映像よりも優位になり、それがあなたの目に映る映像になる。

これは両眼対抗と呼ばれるもので、文字通り2つの目が競い合う。 これは視覚知覚の現象で、それぞれの眼に提示された異なる画像を交互に知覚するものである。

例えば、下の赤と青の馬の画像を見てほしい。 片方のレンズが赤、片方のレンズが青のメガネ(昔の3Dメガネのようなもの)で片目ずつ交互に映像を見ると、赤い馬は赤いレンズを通して、青い馬は青いレンズを通してしか見えない。 両方のカバーが外された状態では、どちらの色が見えるかを目が競うことになる。

青しか見えない人もいれば、赤い馬しか見えない人もいる。

興味深いことに、絵を見せられる前に頭の中で青をイメージしておくと、その絵や色が目に入る可能性が高くなる。 このテクニックは「知覚的プライミング」として知られている。 おそらく推測できるように、知覚プライミングは幻視者には効かない。彼らは頭の中で色を視覚化することができないので、脳はプライミングされず、一方の画像を他方の画像よりも見やすくなることはない。

幻覚症を調べるには、自宅で両眼視競合を誘発し、知覚プライミングと実際に知覚するものとの間に相関関係があるかどうかを調べることができる。 幻覚症でなければ、色を視覚化することができ、心の目でイメージしているものが物理的に見える可能性が高いことがわかるはずだ。 幻視がある場合、色について考えても、その色が見える可能性が高くなるわけではない。

家庭で双眼ライバル実験を行う方法

前編

赤青メガネが必要だ。 旧式の3Dシアター用メガネが使えるはずだ! こうすることで、赤い画像は赤いレンズだけを通り、青い画像は青いレンズだけを通るようになる。 これにより、それぞれの眼に異なる感覚入力が送られ、両眼競合が刺激される。

この記事の動物の画像を見直してみよう。2つの動物の画像が重ねられている。 一方は赤、もう一方は青。 テーブルの上に積み重ねた本など、丈夫なものにあごをのせて頭を安定させる! メガネをかけて、この記事の3つの画像をスクロールしてみよう。 そして次の質問に答えてください:

赤と青、どちらのイメージが強い?

答えを記録する。

このページの3つの画像すべてに目を通したら、次のように答えてください:

赤い映像は何回見たか、青い映像は何回見たか、不鮮明な映像は何回見たか。

結果を記録する。

BinocularRivalry Zebra Kanga
イラスト:ヘルモ カンガルーとシマウマ:Brad Wilson/Getty Images.

パート2

次に、もう一度同じ実験を行う。 今回だけは、赤という色について考えてみよう。 できれば頭の中で想像してみてほしい。 赤いものを思い浮かべてください:リンゴ、チリペッパー、ストップサイン、溶岩。 赤い色を想像しながら、このエクササイズを繰り返す。

結果を記録する。

binocularrivalry Rabbit Leopard
イラスト:ヘルモ ウサギ:Brad Wilson/Getty Images

パート3

パート1とパート2の結果を比較する。

第一部で赤という色を何回見た? パート2で何回赤を見た?

以下のコメント欄で結果をシェアしてください。

binocularrivalry butterflyspider
イラスト:ヘルモ タランチュラ:Davies and Starr/Getty Images。

幻視の検査に両眼競合を用いる

もし、パート2で赤い像を見る頻度が高くなったのであれば、幻視の可能性は低い。 これは、脳がほとんどの時間、赤い画像を見るようにプライミングしているためで、幻視症の人にはこの現象が働かない傾向がある。

第2部で、赤という色を頭の中でイメージすることは、不可能ではないにせよ、難しいと感じましたか? 頭の中でその色を視覚化できなかった場合、脳は視覚化できた場合と同じように赤いイメージを見ることを期待していなかったことになる。 つまり、パート2で見た結果は、パート1とほぼ同じだった可能性があるということだ。 もしそうなら、幻覚症かもしれない。

この単純な実験は、あなた自身のユニークな経験について、より多くの洞察を得ることができるが、どんな実験でもそうであるように、完璧ではない。 異なる画像で何度も試すほど、結果はより正確になる。 もっと例を挙げてみよう。 その他の赤と青の画像はこちらでご覧いただけます。

結果は変わりましたか、変わりませんでしたか? 通常、7回か8回/10回が良い指標となる。

両眼対抗や知覚プライミングは、心的イメージの強さを評価するために考えられる多くの客観的尺度の一つにすぎない。 幻視者は、イメージに基づく対抗プライミングをほとんど示さない。 これらの結果から、幻覚症は心的イメージの欠如であり、メタ認知の欠如ではないことが確認された。

コメントするにはサインインする必要があります
最初にコメントする