テーブルの上のボール:ビジュアライザーとコンセプチュアライザーの見分け方

テーブルの上に置かれたボールの視覚化。 では、誰かがテーブルに近づいてボールを押したとしましょう。 ボールはどうなるのでしょうか?
シェア

目次

アファンタジア:異なる想像力を体験する

アファンタジアとは、自分の意志で視覚的イメージを頭の中に作り出すことができない状態で、多くの人はまだ自分が経験していることに気づいていません。 大多数の人は鮮明なイメージを容易に思い浮かべることができますが、アファンタジアの人はより抽象的、概念的な方法で考えることが多いです。 想像力が足りないのではなく、想像の経験が違うのです。 テーブルの上のボールの実験は、この対照的な内面世界を覗き見る啓発的なものです。

テーブルの上のボール実験

この実験はu/Caaaarrrlの功績です。

テーブルの上に置かれたボールの視覚化。 では、誰かがテーブルに近づいてボールを押したとしましょう。 ボールはどうなるのでしょうか?

.

.

.

.

.

.

.

以下の質問に答えてください。

ボールの色は?

ボールを押した人の性別は?

どんな人達?

ボールのサイズは? ビー玉とか、野球とか、バスケットボールとか?

テーブルの形は? 材質は?

.

.

.

.

.

.

.

さて、重要な質問です。

すでに知っていたのか、それとも色や性別、サイズなどを聞かれてから選ばなければならなかったのでしょうか。

.

.

.

.

.

.

.

あなたはビジュアライザーですか?コンセプチュアライザーですか?

テーブルの上のボールについてビジュアライザーに質問すると、彼ら(のほとんど)はすべての質問に対してすぐに答えます。 彼らはまた、あなたが尋ねなかった余分な詳細を提供する可能性も高いです。 これは、その人が実際にその場面を心に描いているかもしれない最初の手がかりです。 例えば、ビジュアライザーはこう言うかもしれません。「ボールはピクサーボールのようです。 色は黄色で、青い帯に赤い星が描かれています。 ボールの大きさは野球のボールくらい。 木製の楕円形のテーブルの上にあり、上には傷などがあります。」

一方、コンセプチュアライザーはこれとは異なるアプローチをとります。 彼らにとって、テーブルの上のボールは主にアイデアなのです。 ボールの色、大きさ、テーブルの材質、人の性別など、多くの具体的なことはわかりません。 これらの詳細については、直接促されたり質問されたりした場合にのみ、認めたり考えたりする可能性があります。 コンセプチュアライザーは、本質や核となるアイデアを把握するのであって、詳細なイメージを形成するのではありません。

2つの異なる思考スタイル視覚化 vs 概念化

テーブルの上のボールに対するこれらの異なるアプローチは、視覚化と概念化と考えることができます。 この2つの異なる思考スタイルは、1963年にウォルター・W・グレイが著した「The Living Brain(生きている脳)」で初めて明らかにされたもので、私たちがどのように情報を内面化し、処理するかについてユニークな洞察を与えてくれます。

視覚化: このスタイルでは、鮮明で詳細な心象風景を描きます。 ビジュアライザーは、色や形、複雑なディテールを使って、まるで映画のようなシナリオを頭の中で「見る」ことができます。

概念化:このスタイルは、絵画的な表現に頼らずに本質を理解することに傾いています。 コンセプチュアライザーは、積極的に「見る」ことなく、知識や経験を用いてアイデアやシナリオを把握し、視覚的な具体性よりも抽象的なアイデアに焦点を当てます。

概念化:アファンタジアの人の視点

テーブルの上のボールの実験は、アファンタジアの特徴である、視覚的思考よりもむしろ概念的思考を浮き彫りにしています。 アファンタジアの人は、ボールがテーブルから転がり落ちるのを頭の中で「見る」ことはできませんが、その概念を理解し、結果を予測することはできます。 彼らの思考プロセスはより抽象的で、視覚的な表現よりも知識、論理、理解に頼っています。

「アファンタジア」という言葉はギリシャ語のファンタジアに由来し、一般に「想像力」と訳され、しばしば視覚化や夢想の文脈で説明されます。 a-phantasiaの「a 」は、それがないことを示します。 「想像力がない」という意味です。 しかし、これは誤解を招きかねません。 アファンタジアの人は想像し、夢を描き、創造することができます。 アファンタジアの頭の中は、単にスライドショーを伴わずに動いているだけなのです。

重要なのは、アファンタジアは障害でも制限でもないということです。 実際、多くのアファンタジアの人は空間的推理が鋭く、抽象的思考に秀でています。 認知能力が低下しているわけではなく、その使い方が違うだけなのです。

意味合いと考察

人間の思考の多様性を認識するためには、アファンタジアと人間の想像力の広い範囲を理解することが不可欠です。 テーブルの上のボールの実験は、単なる遊びの実験にとどまりません。 私たちは経験を共有しているかもしれないが、それをどのように内面化し、処理し、想起し、想像するかは驚くほど異なるものだということを思い出させてくれます。

さあ、今度食卓を囲むときは、テーブルの上のボール実験を試してみましょう。 誰かに状況を想像してもらうとき、誰もが詳細な心象風景を描くわけではないことを覚えておいてください。 明確な映像を目にする人もいれば、アイデアで把握する人もいます。 どちらの考え方も有効であり、私たちの脳の多様な働き方を示しています!

コメントするにはサインインする必要があります